内閣府国際平和協力本部事務局(PKO)ウェブサイトは、2021年10月30日に内閣府ウェブサイトと統合し、常時暗号化による「https:」への切り替え及びURL変更を行いました。

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第12次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)による加藤官房長官への帰国挨拶

令和3年9月15日(水)、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として約1年間派遣された2名の隊員(赤塚喜与3等陸佐(施設幕僚)、菅野美怜3等陸佐(情報幕僚))が加藤官房長官に帰国挨拶を行いました。加藤官房長官は、「司令部要員としてUNMISSの活動を支えてこられ、任務を立派に果たして戻られたことを大変嬉しく誇りに思う」と国際平和協力に貢献した両名に対し、感謝と労いの言葉を述べました。
(左から赤塚3等陸佐、加藤官房長官、菅野3等陸佐)詳細はこちら

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第12次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)帰国式

令和3年9月14日(火)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、宇都隆史外務副大臣及び大西宏幸防衛大臣政務官の出席の下、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として派遣された2名(赤塚喜与3等陸佐(施設幕僚)、菅野美怜3等陸佐(情報幕僚))の帰国式が、内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、UNMISSの円滑な活動のために真摯に取り組み職務を完遂した両名に対し、感謝とねぎらいの言葉を伝え、また、この経験を活かして今後の更なる活躍を期待する旨述べました。
(左から宇都外務副大臣、赤塚3等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、菅野3等陸佐、大西防衛大臣政務官)

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第13次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)出発式

令和3年8月6日(金)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、松川るい防衛大臣政務官及び鈴木隼人外務大臣政務官の出席の下、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に国際平和協力隊第13次司令部要員として1年間派遣される2名(有薗光代3等陸佐(施設幕僚)、原田寿幸1等陸尉(情報幕僚))の出発式が内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、我が国を代表して国際平和協力に貢献する両名に対し、激励の言葉を述べました。
(左から松川防衛大臣政務官、有薗3等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、原田1等陸尉、鈴木外務大臣政務官)

多国籍部隊・監視団(MFO)第2次司令部要員帰国式

令和3年7月15日(木)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、松川るい防衛大臣政務官及び中西哲外務大臣政務官の出席の下、エジプト・シナイ半島で活動する多国籍部隊・監視団(MFO)に国際平和協力隊第2次司令部要員として派遣された2名(深山正仁2等陸佐、竹田津佑介3等陸佐)の帰国式が、内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、MFOの円滑な活動のために真摯に職務に取り組んだ両名に対し、感謝とねぎらいの言葉を述べ、また、この経験を活かして今後の更なる活躍を期待する旨述べました。
(左から松川防衛大臣政務官、深山2等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、竹田津3等陸佐、中西外務大臣政務官)

多国籍部隊・監視団(MFO)第2次司令部要員による加藤官房長官への帰国挨拶

令和3年7月13日、エジプト・シナイ半島の多国籍部隊・監視団(MFO)に司令部要員として約1年間派遣された2名の隊員(深山正仁2等陸佐、竹田津佑介3等陸佐)が加藤官房長官に帰国挨拶を行いました。加藤官房長官は、「司令部要員としてMFOの活動を立派に支えてこられ大変嬉しく誇りに思う。」と国際平和協力に貢献した両名に対し、感謝と労いの言葉を述べました。
詳細はこちら

新着情報

2021年11月16日
シナイ半島国際平和協力業務実施計画の変更について (PDF形式:103KB) PDFを別ウィンドウで開きます
2021年10月28日
「令和4年度4月(2022年4月)採用 国際平和協力研究員の募集について(募集締切 令和3年12月10日必着)」 (PDF形式:230KB) PDFを別ウィンドウで開きます
2021年9月22日
国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第12次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)による加藤官房長官への帰国挨拶の掲載について
2021年9月17日
国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第12次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)帰国式の掲載について
2021年8月12日
国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第13次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)出発式の掲載について
2021年7月21日
多国籍部隊・監視団(MFO)第2次司令部要員帰国式の掲載について
2021年7月21日
多国籍部隊・監視団(MFO)第2次司令部要員による加藤官房長官への帰国挨拶の掲載について
2021年5月21日
南スーダン国際平和協力業務実施計画の変更について (PDF形式:116KB) PDFを別ウィンドウで開きます
2021年4月27日
「コロナ禍を受けた国際平和協力の現状と今後の在り方」に関するオンライン・シンポジウムの開催(結果概要及び議論の概略)について
2021年4月27日
多国籍部隊・監視団(MFO)第3次司令部要員出発式の掲載について
2021年4月15日
コラム「@PKOなう!」に「第115回 治安部門ガバナンスと民主的な監視 ~議会と市民社会が果たす役割~」を掲載しました。治安部門の活動や政策を監視する上で、議会と市民社会が果たす重要な役割について概説しています。
2021年4月8日
国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第11次司令部要員(兵站幕僚、航空運用幕僚)による加藤官房長官への帰国挨拶の掲載について
2021年4月5日
国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第11次司令部要員(兵站幕僚、航空運用幕僚)帰国式の掲載について
2021年3月3日
コラム「@PKOなう!」に「第114回 武力紛争地の子どもの権利を保護する法的枠組」を掲載しました。紛争下の子どもたちを保護する国際法を紹介及び概説します。
2021年1月4日
国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第12次司令部要員(兵站幕僚、航空運用幕僚)出発式の掲載について
2020年12月24日
コラム「@PKOなう!」に「第113回 インドの国連PKO展開 ~概観~」を掲載しました。30年分の要員数推移図を参考に、インドと国連PKOの歴史を概説しています。
2020年12月21日
コラム「@PKOなう!」に「第112回 紛争後国家における法の支配改革と国連による支援 (刑事収容施設改革編)」を掲載しました。紛争後の平和構築において重要な刑事収容施設の改革の必要性や国連による貢献についてまとめられています。
2020年11月10日
シナイ半島国際平和協力業務実施計画の変更について (PDF形式:197KB) PDFを別ウィンドウで開きます
2020年10月26日
国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第11次司令部要員(情報幕僚、施設幕僚)による加藤官房長官への帰国挨拶の掲載について
2020年10月20日
国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第11次司令部要員(情報幕僚、施設幕僚)帰国式の掲載について
2020年10月2日
コラム「@PKOなう!」に「第111回 紛争後国家における法の支配改革 (司法改革編) と国連による支援」を掲載しました。紛争後の平和構築における司法分野の改革の必要性や国連による貢献についてまとめられています。

トピックス

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第12次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)による加藤官房長官への帰国挨拶

2021年9月15日(水)、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として約1年間派遣された2名の隊員(赤塚喜与3等陸佐(施設幕僚)、菅野美怜3等陸佐(情報幕僚))が加藤官房長官に帰国挨拶を行いました。加藤官房長官は、「司令部要員としてUNMISSの活動を支えてこられ、任務を立派に果たして戻られたことを大変嬉しく誇りに思う」と国際平和協力に貢献した両名に対し、感謝と労いの言葉を述べました。
(左から赤塚3等陸佐、加藤官房長官、菅野3等陸佐)詳細はこちら

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第12次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)帰国式

2021年9月14日(火)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、宇都隆史外務副大臣及び大西宏幸防衛大臣政務官の出席の下、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として派遣された2名(赤塚喜与3等陸佐(施設幕僚)、菅野美怜3等陸佐(情報幕僚))の帰国式が、内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、UNMISSの円滑な活動のために真摯に取り組み職務を完遂した両名に対し、感謝とねぎらいの言葉を伝え、また、この経験を活かして今後の更なる活躍を期待する旨述べました。
(左から宇都外務副大臣、赤塚3等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、菅野3等陸佐、大西防衛大臣政務官)

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第13次司令部要員(施設幕僚、情報幕僚)出発式

2021年8月6日(金)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、松川るい防衛大臣政務官及び鈴木隼人外務大臣政務官の出席の下、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に国際平和協力隊第13次司令部要員として1年間派遣される2名(有薗光代3等陸佐(施設幕僚)、原田寿幸1等陸尉(情報幕僚))の出発式が内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、我が国を代表して国際平和協力に貢献する両名に対し、激励の言葉を述べました。
(左から松川防衛大臣政務官、有薗3等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、原田1等陸尉、鈴木外務大臣政務官)

多国籍部隊・監視団(MFO)第2次司令部要員帰国式

2021年7月15日(木)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、松川るい防衛大臣政務官及び中西哲外務大臣政務官の出席の下、エジプト・シナイ半島で活動する多国籍部隊・監視団(MFO)に国際平和協力隊第2次司令部要員として派遣された2名(深山正仁2等陸佐、竹田津佑介3等陸佐)の帰国式が、内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、MFOの円滑な活動のために真摯に職務に取り組んだ両名に対し、感謝とねぎらいの言葉を述べ、また、この経験を活かして今後の更なる活躍を期待する旨述べました。
(左から松川防衛大臣政務官、深山2等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、竹田津3等陸佐、中西外務大臣政務官)

多国籍部隊・監視団(MFO)第2次司令部要員による加藤官房長官への帰国挨拶

2021年7月13日、エジプト・シナイ半島の多国籍部隊・監視団(MFO)に司令部要員として約1年間派遣された2名の隊員(深山正仁2等陸佐、竹田津佑介3等陸佐)が加藤官房長官に帰国挨拶を行いました。加藤官房長官は、「司令部要員としてMFOの活動を立派に支えてこられ大変嬉しく誇りに思う。」と国際平和協力に貢献した両名に対し、感謝と労いの言葉を述べました。
詳細はこちら

多国籍部隊・監視団(MFO)第3次司令部要員出発式

2021年4月19日(月)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、鷲尾英一郎外務副大臣及び松川るい防衛大臣政務官の出席の下、エジプト・シナイ半島で活動する多国籍部隊・監視団(MFO)に国際平和協力隊第3次司令部要員として1年間派遣される2名(林田賢明2等陸佐、原泰3等陸佐)の出発式が内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、我が国を代表して国際平和協力に貢献する両名に対し、激励の言葉を述べました。
(左から鷲尾外務副大臣、林田2等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、原3等陸佐、松川防衛大臣政務官)

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第11次司令部要員(兵站幕僚、航空運用幕僚)による加藤官房長官への帰国挨拶

2021年3月30日、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として約1年間派遣された2名の隊員(山之内祐希3等陸佐(兵站幕僚)、中林由貴1等陸尉(航空運用幕僚))が加藤官房長官に帰国挨拶を行いました。加藤官房長官は、「司令部要員としてUNMISSの活動を立派に支えてこられ、我が国の国益増進と存在感を立派に示され戻られたことを大変嬉しく誇りに思う」と国際平和協力に貢献した両名に対し、感謝と労いの言葉を述べました。
(左から中林1等陸尉、加藤官房長官、山之内3等陸佐)詳細はこちら

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第11次司令部要員(兵站幕僚、航空運用幕僚)帰国式

2021年3月30日(火)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、大西宏幸防衛大臣政務官及び國場幸之助外務大臣政務官の出席の下、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として派遣された2名(山之内祐希3等陸佐(兵站幕僚)、中林由貴1等陸尉(航空運用幕僚))の帰国式が、内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、UNMISSの円滑な活動のために真摯に職務に取り組んだ両名に対し、感謝とねぎらいの言葉を述べ、また、この経験を活かして今後の更なる活躍を期待する旨述べました。
(左から大西防衛大臣政務官、山之内3等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、中林1等陸尉、國場外務大臣政務官)

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第12次司令部要員(兵站幕僚、航空運用幕僚)出発式

2020年12月21日(月)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、宇都隆史外務副大臣及び松川るい防衛大臣政務官の出席の下、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に国際平和協力隊第12次司令部要員として1年間派遣される2名(中村美雄3等陸佐(兵站幕僚)、金塚友成3等陸佐(航空運用幕僚))の出発式が内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、我が国を代表して国際平和協力に貢献する両名に対し、激励の言葉を述べました。
(左から宇都外務副大臣、中村3等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、金塚3等陸佐、松川防衛大臣政務官)

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第11次司令部要員(情報幕僚、施設幕僚)による加藤官房長官への帰国挨拶

2020年10月13日、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として1年と約2ヶ月の間派遣された2名の隊員(髙橋忍(たかはししのぶ)3等陸佐(情報幕僚)、佐藤応百(さとうかずと)3等陸佐(施設幕僚))が加藤官房長官に帰国挨拶を行いました。加藤官房長官は、「司令部要員としてUNMISSの活動を立派に支えてこられ、我が国の国益増進と存在感を立派に示され戻られたことを大変嬉しく誇りに思う」と国際平和協力に貢献した両名に対し、感謝と労いの言葉を述べました。
(左から髙橋3等陸佐、加藤官房長官、佐藤3等陸佐)詳細はこちら

国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)第11次司令部要員(情報幕僚、施設幕僚)帰国式

2020年10月13日(火)、三ッ林裕巳内閣府副大臣、宇都隆史外務副大臣及び大西宏幸防衛大臣政務官の出席の下、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に司令部要員として派遣された2名(髙橋 忍3等陸佐(情報幕僚)、佐藤応百3等陸佐(施設幕僚))の帰国式が、内閣府にて行われました。三ッ林内閣府副大臣は、UNMISSの円滑な活動のために真摯に職務に取り組んだ両名に対し、感謝とねぎらいの言葉を述べ、また、この経験を活かして今後の更なる活躍を期待する旨述べました。
(左から宇都外務副大臣、髙橋3等陸佐、三ッ林内閣府副大臣、佐藤3等陸佐、大西防衛大臣政務官)

過去のトピックス