地方分権改革 地方分権改革とは、住民に身近な行政は、できる限り地方公共団体が担い、その自主性を発揮するとともに、地域住民が地方行政に参画し、協働していくことを目指す改革です。

地方分権改革による成果事例集

内閣府地方分権改革推進室では、地方分権改革の成果が実感できる情報発信の一環として、これまでの分権改革の成果を活かし、地方が行った取組と具体的成果を取りまとめた地方分権改革事例集を作成しています。

それぞれの事例には、分権改革の成果を活かし、豊かさと安心が実感できる地域をつくる各自治体の知恵と工夫が込められていますので御一読下さい。

また、本事例集も活用し、地方分権改革を現場で担う自治体職員の意識・能力の向上を図るため、地方自治体の研修所等と連携した自治体職員向け研修の地方開催や地方への講師派遣等を積極的に進めます。

冊子の入手を希望される方は、下記の問い合わせ先までご連絡をお願いします。

地方分権改革事例集 2年版 地方分権改革事例集 30年版 地方分権改革事例集 27年版 地方分権改革事例集 26年版

問い合わせ先

内閣府地方分権改革推進室 地方支援担当
TEL:03-3581-2484