すべての女性が輝く社会づくり本部(第12回)・男女共同参画推進本部(第22回) 合同会議

会議の様子(1)

会議の様子(2)

 令和4年6月3日(金)に総理大臣官邸で全閣僚からなる「すべての女性が輝く社会づくり本部(第12回)・男女共同参画推進本部(第22回)合同会議」を開催しました。
 会議では、「女性版骨太の方針2022」が政府決定されました。
 今回の「女性版骨太の方針2022」においては、4つの柱、すなわち(1)女性の経済的自立、(2)女性が尊厳と誇りを持って生きられる社会の実現、(3)男性の家庭・地域社会における活躍、(4)女性の登用目標達成という柱を立て、
 ・男女間賃金格差にかかる情報の開示や女性デジタル人材育成プランの実行、
 ・アダルトビデオ出演被害対策を始めとする性犯罪・性暴力対策やフェムテックなど女性の健康にかかる取組の強化、
 ・男性の育児休業取得の推進や男性が育児参画しやすくするためのインフラの整備、
 ・経済界、科学技術、教育など各分野における第5次男女共同参画基本計画の目標達成に向けた具体的な取組
など、今まさに取り組むべき施策を盛り込みました
 岸田総理からは、今回策定した女性版骨太の方針に基づき、野田大臣を中心に各閣僚がしっかりと取り組むよう求める旨の発言がありました。

「女性活躍・男女共同参画の重点方針2022」(令和4年6月3日すべての女性が輝く社会づくり本部決定)
すべての女性が輝く社会づくり本部(第12回)・男女共同参画推進本部(第22回)合同会議
総理発言(令和4年6月3日すべての女性が輝く社会づくり本部・男女共同参画推進本部合同会議(首相官邸ホームページ)別ウィンドウで開きます