第6回計画実行・監視専門調査会

野田大臣の発言

会議の様子

 令和3年11月17日(水)に、「男女共同参画会議」のもとに設置されている「計画実行・監視専門調査会(第6回)」が開催されました。
 今回のテーマは、「『候補者男女均等法』の男女候補者均等目標に向けて」です。
 冒頭、野田大臣からは、女性は我が国の有権者の約52%を占めており、政治分野において男女の意見がともに反映されることは、少子化をはじめとする様々な問題に対する政策を考えていく上で不可欠である旨の発言がありました。
 その後、専門家である上智大学 三浦まり教授、東北大学 河村和徳准教授を交え、有識者委員による意見交換が行われました。

 ※会議の詳細については、計画実行・監視専門調査会開催状況一覧 第6回の欄を御覧ください。