規制改革推進会議 第3回議長・座長会合

答申手交の様子

 令和3年6月1日、河野内閣府特命担当大臣(規制改革)は、規制改革推進会議 第3回議長・座長会合に出席しました。
 会議では、「規制改革推進に関する答申及び規制改革・行政改革担当大臣直轄チームの取組について」の議論が行われました。
河野大臣は、「小林議長並びに座長の皆様には、本当にお世話になりまして、ありがとうございました。昨年の9月末から8か月間で合計81回のワーキング・グループの会合を本当に精力的にやっていただきまして、ありがとうございます。やはりこれから、社会の側から見て価値が生み出されるような規制改革を引き続きやっていかなければいけないと思いますし、世の中が本当に便利になったということを実感していただくための努力も続けていかなければいけないと思います。このたびの会議の答申、縦割り100番の要望に基づく取組、再生可能エネルギーに関する規制の総点検といったことを速やかに政府として実行し、実現してまいりたいと思います。」旨、発言しました。
 この後、「規制改革推進に関する答申」が、小林議長から菅内閣総理大臣に手渡されました。
 
※規制改革推進会議 第3回議長・座長会合については規制改革推進会議 ホームページを御参照ください。。