第5回国際女性会議WAW!/W20

パネルの冒頭スピーチをする片山大臣

ディスカッションに参加する片山大臣

イサベル・デ・サン・マロ・デ・アルバラド パナマ共和国副大統領兼外務大臣と意見交換を行う片山大臣

ガブリエラ・ミケティ アルゼンチン共和国副大統領と意見交換を行う片山大臣

ニコル・アムリーヌ 元フランス男女平等担当大臣と意見交換を行う片山大臣

チェル・バチェレ 国連人権高等弁務官(元チリ大統領、元国連女性組織(UNWOMEN)事務局長)と意見交換を行う片山大臣

鄧麗 全国人民代表大会常務委員会委員/中華全国婦女連合会団長と片山大臣

 片山大臣は、平成31年3月23日(土)、国際女性会議WAW!のパネル・ディスカッション「地方活性化と雇用創出、そのためのリーダーシップ」に参加し、地方創生の取組や「人生100年時代」に向けた女性支援について冒頭のスピーチを行うとともに、パネリストとして、議論を行いました。
 また、W20のパネル・ディスカッション「ジェンダーギャップの解消を通じた新しい成長のカタチ:女性のエンパワーメントを実現するガバナンスとは」において、日本政府の女性活躍の取組等について、冒頭挨拶を行いました。
 さらに、この機会を活用して、世界からの要人:1.イサベル・デ・サン・マロ・デ・アルバラド パナマ共和国副大統領兼外務大臣、2.ガブリエラ・ミケティ アルゼンチン共和国副大統領、3.ニコル・アムリーヌ 元フランス男女平等担当大臣、4.ミチェル・バチェレ 国連人権高等弁務官(元チリ大統領、元国連女性組織(UNWOMEN)事務局長)、5.鄧麗 全国人民代表大会常務委員会委員/中華全国婦女連合会団長とお会いして有意義な意見交換を行いました。
 
※第5回国際女性会議WAW!/W20については  外務省ホームページ別ウインドウで開きますを御参照ください。