地方分権改革 地方分権改革とは、住民に身近な行政は、できる限り地方公共団体が担い、その自主性を発揮するとともに、地域住民が地方行政に参画し、協働していくことを目指す改革です。

研修・ワークショップ・講師派遣等

研修風景(オンライン形式)

内閣府地方分権改革推進室では、地方分権改革を現場で担う方々の意識・能力の向上を図るため、当室職員が講師となり、地方の視点に立った実践的な研修を行っています。
 令和2年度からは、オンライン形式による研修を行っており、引き続き、地方公共団体・大学等への研修を積極的に行っておりますので、研修を検討されている方は、下記の問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。研修の時間・内容はオーダーメイドで対応いたします。

 
  【分割掲載】(1/7)(PDF形式:983KB)PDFを別ウィンドウで開きます / (2/7)(PDF形式:928KB)PDFを別ウィンドウで開きます / (3/7)(PDF形式:916KB)PDFを別ウィンドウで開きます / (4/7)(PDF形式:950KB)PDFを別ウィンドウで開きます / (5/7)(PDF形式:909KB)PDFを別ウィンドウで開きます / (6/7)(PDF形式:983KB)PDFを別ウィンドウで開きます / (7/7)(PDF形式:944KB)PDFを別ウィンドウで開きます 

研修実施にあたっての留意点

  • 対面形式の研修の場合は、原則として旅費(交通費、宿泊費)、会場借り上げ費は、依頼主にてご負担をお願いします。
  • オンライン形式の研修の場合は、事前の接続テストにご協力をお願いします。

研修の開催実績

 

問い合わせ先

内閣府地方分権改革推進室 地方支援担当
TEL:03-3581-2484