福島プログラム

平成20年5月29日から翌日30日へかけて、グリーンウッド博士、ウェレ博士、両受賞者が福島県を訪問し、様々なイベントに参加しました。
1日目は野口英世記念館別ウィンドウで開きますを訪問しました。福島県は野口英世博士の出身地であり、猪苗代町にある同記念館には、野口英世の生家を始めとした色々な展示があります。
2日目は会津大学にて両受賞者による記念講演会が行われ、その後も野口英世博士をたたえるつどい、野口英世青春館訪問、鶴ヶ城視察など充実した福島県訪問となりました。

5月29日(木)

〔野口英世記念館訪問〕

野口英世の母校である翁島小学校児童による合唱
*「野口英世の歌」により受賞者を歓迎しました。

  • 受賞者を歓迎する福島県の人々

    受賞者を歓迎する福島県の人々
    (野口英世記念館前)

  • 野口英世の生家前で撮影

    野口英世の生家前で撮影

〔福島県知事主催レセプション〕

*琴の演奏や福島産の日本酒が披露されました。

福島県知事主催歓迎レセプション

福島県知事主催歓迎レセプション

5月30日(金)

〔受賞者記念講演会〕(コーディネータ:福留功男氏)

福島県国際交流特別親善大使認証書贈呈

知事より福島県国際交流特別親善大使認証書の贈呈

福島県知事より福島県国際交流
特別親善大使認証書の贈呈

受賞者講演(会津大学)

ブライアン・グリーンウッド博士
「アフリカは医学研究を必要としている」

グリーンウッド博士講演

グリーンウッド博士講演

ミリアム・ウェレ博士
「公衆トイレから診療所まで」

  • ウェレ博士によるアフリカの歌と踊り

    ウェレ博士によるアフリカの歌と踊り

  • ウェレ博士講演

    ウェレ博士講演

対談「野口英世博士の志を継いで」

ウェレ博士の歌 "This is the Moment of Precious First Born"
(「大事な第一子誕生の瞬間」)

  • 福留功男氏との対談

    福留功男氏との対談

  • 福留功男氏との記念撮影

    福留功男氏との記念撮影

〔野口英世博士をたたえるつどい〕

*毎年、野口英世の命日にあたる5月21日に開催されている「つどい」が、
今年は本賞受賞者の来福に併せて開催され、受賞者を歓迎しました。

野口英世博士をたたえるつどい

野口英世博士をたたえるつどい

〔野口英世青春館訪問〕

*野口英世が16~19歳までの間、書生として過ごしたかつての会陽医院の2階に野口英世に関する資料が展示されています。
両受賞者は、野口英世について、より一層の理解を深めました。

野口英世青春館訪問

野口英世青春館訪問

〔鶴ヶ城視察〕

鶴ヶ城前で記念撮影

鶴ヶ城前で記念撮影

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)