内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  活動・白書等  >  審議会・懇談会等  >  消費者委員会  >  建議、提言、意見、答申及び報告書  >  2013年  >  「消費者契約法に関する調査作業チーム」論点整理の報告

「消費者契約法に関する調査作業チーム」論点整理の報告

2013年8月
消費者委員会

本文および資料


報告の内容

本文

はじめに

第1章 報告書の概要

第2章 契約締結過程(広告)

第2章-1.誤認類型(+広告)
第2章-2.困惑類型
第2章-3.取消しの効果、第三者の関与など
第2章-4.インターネット取引における現状と課題(広告について)

第3章 約款規制

第4章 不招請勧誘

第5章 適合性原則

第6章 不当条項リストの補完

第7章 不当条項規制に関する一般条項

第8章 消費者公序規定

第9章 各論・各種契約

第10章 継続的契約

第11章 消費者信用

第12章 人的・物的適用範囲

<参考1>適合性原則に関する学説について
<参考2>ヨーロッパにおける消費者概念の動向
<参考3>国際消費者契約

消費者契約法に関する調査作業チーム 討議経過
消費者契約法に関する調査作業チーム メンバー名簿

資料編

  • 参考資料1 消費者契約法条文(抜粋)
  • 参考資料2 消費者契約法に関するこれまでの経緯
  • 参考資料3 消費者契約法に関する裁判例等の概況
  • 参考資料4 民法(債権関係)の改正に関する消費者契約関連の状況
  • 参考資料5 日弁連 消費者契約法改正試案
  • 参考資料6 比較法条文一覧
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan消費者委員会事務局
〒100-8970 東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館8階
電話番号(直通):03-3581-9176