内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  活動・白書等  >  審議会・懇談会等  >  消費者委員会  >  建議、提言、意見、答申 及び 報告書  >  2011年  >  個人情報保護専門調査会報告書

個人情報保護専門調査会報告書

2011年7月
消費者委員会 個人情報保護専門調査会

調査報告本文および資料

報告書の内容

本文

個人情報保護法及びその運用に関する主な検討課題

第1 総論:個人情報保護法制の全体構想

  1.いわゆる「過剰反応」の現状分析
  2.第三者機関の意義
  3.個人情報保護法制の趣旨と保護法益

第2 各論:個人情報保護法制の点検・調整

  1.個人情報取扱事業者の範囲
  2.事業者等の取組
  3.本人関与の在り方
  4.国際的な整合性
  5.特定分野の運用

添付資料

【参考資料1】消費者委員会 個人情報保護専門調査会 設置・運営規程
【参考資料2】個人情報保護専門調査会の進め方について
【参考資料3】個人情報保護専門調査会 審議経過
【参考資料4】個人情報保護専門調査会 委員名簿
【参考資料5】個人情報の保護に関する法律
【参考資料6】個人情報の保護に関する法律施行令
【参考資料7】個人情報の保護に関する基本方針
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan消費者委員会事務局
〒100-8970 東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館8階
電話番号(直通):03-3581-9176