令和5年度北海道緊急災害現地対策本部運営訓練

写真1
本部会議で本部長として指示をする堀井副大臣(防災担当)
写真2
訓練参加者の活動を見学する堀井副大臣(防災担当)
写真3
訓練参加者から状況説明を受ける堀井副大臣(防災担当)

 11月22日、札幌第一合同庁舎において、日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震を想定し、堀井副大臣(防災担当)を本部長として、北海道緊急災害現地対策本部運営訓練を新たに実施しました。本訓練では、本部長の指示に基づき、参加者が各班に分かれて情報収集等を行い、班ごとに本部長に報告するなどの活動を実施し、災害時の備えを確認しました。