活力ある地方を創る首長の会との意見交換会への出席

写真1
会議の様子(1)
写真2
会議の様子(2)

 令和6年1月25日(木)、自見地方創生担当大臣が「活力ある地方を創る首長の会」との意見交換会に出席しました。
 内閣府地方創生推進事務局では、現在、自治体の枠組みを越えた幅広い「連携」のもと、規制・制度改革により地域課題解決を進める新たな国家戦略特区である「地域課題解決連携特区」、通称「連携“絆”特区」の指定に向けて、全国の地方公共団体から規制・制度改革の提案募集を行っており、自見地方創生担当大臣からその概要を説明の上、意見交換を行いました。
※地域・社会課題の解決に向けた規制・制度改革に係る提案募集の詳細については、
地域・社会課題の解決に向けた規制・制度改革に係る提案募集について(国家戦略特区)別ウィンドウで開きますをご覧ください。