第72回男女共同参画会議

写真1
会議の様子(1)
写真2
会議の様子(2)

 5月31日(金)に、総理官邸で「男女共同参画会議(第72回)」を開催しました。
会議では、有識者議員から「女性版骨太の方針2024」に盛り込むべき視点や具体策について発言があり、議論が行われました。
 「女性版骨太の方針2024」においては、「人材の育成」を横串に据え、
 ①企業等における女性活躍の一層の推進
 ②女性の所得向上・経済的自立に向けた取組の一層の推進
 ③個人の尊厳と安心・安全が守られる社会の実現
 ④女性活躍・男女共同参画の取組の一層の加速化
という4つの柱に沿って、昨年定めたプライム市場上場企業の女性役員比率目標の達成に向けた人材育成の強化、育児や介護・女性特有の健康課題と仕事の両立支援、地域における女性リーダーや担い手の育成、能登半島地震を踏まえた男女共同参画の視点に立った防災・復興、DV対策や性犯罪・性暴力への対策の強化などが盛り込まれています。
 締めくくりに、会議の議長である林官房長官から関係閣僚に対して、来年度は5年間の第5次男女共同参画基本計画の最終年度でもあり、成果目標の達成や施策の実現に向けて、女性版骨太の方針を含め、しっかりと取組を進めるよう指示がありました。

※会議の詳細については、男女共同参画会議 開催状況一覧 第72回の欄を御覧ください。