G20女性活躍担当大臣会合

会合の様子(1)

会合の様子(2)

 8月24日、25日の2日に渡りG20女性活躍担当大臣会合がインドネシアで開催され、小倉女性活躍担当大臣・内閣府特命担当大臣(男女共同参画)がオンラインで参加しました。
 小倉大臣は1日目の第2テーマ別セッション「デジタル分野におけるジェンダーギャップ」に登壇をし、冒頭でロシアのウクライナ侵略について、最大限強い言葉で非難するとともに国際社会が協調して対応することの重要性を指摘したほか、男女共同参画社会の実現・女性活躍の推進は日本政府の確固たる方針であり、「女性の経済的自立」は岸田内閣の主要政策である「新しい資本主義」の中核であると強調しました。
 また「女性の経済的自立」実現にむけたデジタル分野におけるジェンダーギャップ解消の重要性とその具体的施策について発信し、各国から理解を得ました。

※小倉大臣の発言内容の詳細は、男女共同参画局ホームページに掲載しています。