第11回統合イノベーション戦略推進会議

会議の様子

 小林内閣府特命担当大臣(科学技術政策)は、令和4年4月22日(金)に開催した「第11回統合イノベーション戦略推進会議」に出席しました。
 小林大臣は「新たな量子技術に関する戦略:量子未来社会ビジョン」及び「新たなAIに関する戦略:AI戦略2022」について説明し、原案のとおり決定しました。また、「Society 5.0の実現に向けた教育・人材に関する政策パッケージ」について報告をしました。
 会議の終わりには、松野官房長官から「本日議論いたしました戦略等については、関連する政府の政策にもしっかりと反映されるよう、「新しい資本主義実現会議」や「教育未来創造会議」とも連携しながら議論を進めていく」旨の発言がありました。

※詳細は第11回統合イノベーション戦略推進会議を御参照ください。