第2回 ワクチン開発・生産体制強化関係閣僚会議

小林大臣による司会進行(向かって右は官房長官(議長))

第2回 ワクチン開発・生産体制強化関係閣僚会議の様子

 令和3年12月3日(金)、小林健康・医療戦略担当大臣は第2回 ワクチン開発・生産体制強化関係閣僚会議に出席しました。会議では、本年6月に閣議決定された「ワクチン開発・生産体制強化戦略(ワクチン戦略)」を政府一体となって推進するため、また、今般策定された経済対策において示された、感染症有事対応の抜本的な強化のため、ワクチン戦略に基づき、感染症有事に備え、より強力な変異株や今後脅威となり得る感染症にも対応できるよう、平時からの研究開発・生産体制を強化するための施策が示されました。
 小林大臣からは、AMEDに先進的研究開発戦略センター(SCARDA)を設置し、ワクチンの実用化に向け政府一体となって戦略的な研究費配分を実施するための施策について説明がありました。さらに、出席した各大臣からも取組の状況について報告がありました。