すべての女性が輝く社会づくり本部(第11回)・男女共同参画推進本部(第21回) 合同会議

会議の様子(1)

会議の様子(2)

 丸川大臣は、令和3年6月16日(水)に総理大臣官邸で開催されたすべての女性が輝く社会づくり本部(第11回)・男女共同参画推進本部(第21回)合同会議に出席しました。
 会議では、「女性活躍・男女共同参画の重点方針2021」について議論及び女性活躍推進法の施行状況等について報告がなされ、「女性活躍・男女共同参画の重点方針2021」が決定されました。これは、女性活躍・男女共同参画の推進に向け、令和3年度及び4年度に重点的に取り組むべき事項を定めたものです。
 今回の「重点方針2021」においては、
 男女共同参画は、日本政府の重要かつ確固たる方針、国際社会で共有された規範であること、コロナの影響は特に女性に強く影響が表れており、コロナ対策において女性に最大限配慮するとともに、構造的な問題にも取り組む必要があることを基本的な考え方として、
 ・コロナ対策の中心に女性を
 ・女性の登用目標達成に向けて
 ・女性が尊厳と誇りを持って生きられる社会の実現
の3本の柱から構成されています。
 菅総理からは、「すべての女性が輝く令和の社会」に向けて、今回策定した重点方針に基づき、丸川大臣を中心に各閣僚がしっかりと取り組むよう求める旨の発言がありました。

「女性活躍・男女共同参画の重点方針2021」(令和3年6月16日すべての女性が輝く社会づくり本部決定)の詳細については、
男女共同参画局ホームページを御参照ください。

総理発言(令和3年6月16日 すべての女性が輝く社会づくり本部・男女共同参画推進本部合同会議)の詳細については、
首相官邸ホームページ別ウィンドウで開きますを御参照ください。