コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会 白波瀬佐和子座長(東京大学大学院教授)から丸川大臣へ報告書の手交

研究会報告書を白波瀬座長から受け取る丸川大臣

研究会報告書の説明を受ける丸川大臣

 丸川大臣は、令和3年4月28日(水)に「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」の白波瀬佐和子座長(東京大学大学院教授)から、「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会報告書~誰一人取り残さないポストコロナの社会へ~」を受け取りました。
報告書には以下のような内容がまとめられました。
 ○ 新型コロナ感染症の拡大は男女で異なる影響。女性の非正規雇用労働者の減少や自殺者の増加など女性への深刻な影響が明らかに
 ○ 女性への深刻な影響の根底には、平時においてジェンダー平等・男女共同参画が進んでいなかったことがあり、コロナの影響により顕在化
 ○ 今こそ幅広い政策分野でジェンダー視点を入れた政策立案が不可欠。女性に焦点を当てて、我が国の課題を明らかにし、既存の制度や慣行の見直しを 等
 丸川大臣からは、報告書の内容をしっかり受け止め、女性活躍・男女共同参画の重点方針、さらには「骨太の方針」に反映させたい、との発言がありました。
 
 
 ※詳細はコロナ下の女性への影響と課題に関する研究会(男女共同参画局ホームページ)をご覧ください。