少子化社会対策大綱の推進に関する検討会(第2回)

少子化社会対策大綱の推進に関する検討会(第2回)で挨拶する坂本大臣

会議の様子(1)

会議の様子(2)

 令和3年8月20日(金)、坂本内閣府特命担当大臣は、少子化社会対策大綱の推進に関する検討会(第2回)に出席しました。
 検討会では、「今後の少子化対策の検証・評価の重点項目」と、「地域の実情に応じた少子化対策」、「住宅支援、まちづくり」について議論が行われました。
 坂本大臣は、会議締めくくりの挨拶で、各府省庁に対し、制度改正や予算要求などにできるものから速やかに反映するよう検討すること、検討会の議論を通じて今後の取組の改善、進化につなげていくことを求めました。また、検討会の構成員に対しても、施策の検証、評価を的確に行い、政府の取組への力強い後押しを求めました。
 最後に、「引き続き皆様方から専門的知見をいただきまして、来年の夏頃の中間評価の取りまとめに向けまして一層の検討が進むことを期待しております。」と述べました。