令和2年度「子供と家族・若者応援団表彰」「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」表彰式

坂本大臣の受賞者への挨拶

受賞者代表挨拶

子供と家族・若者応援団表彰(子供・若者育成支援部門)受賞者との記念撮影

子供と家族・若者応援団表彰(子育て・家族支援部門)受賞者との記念撮影

「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」受賞者との記念撮影

受賞者との記念撮影

 令和2年11月27日(金)、内閣府講堂において令和2年度「子供と家族・若者応援団表彰」「未来をつくる若者・オブ・ザ・イヤー」表彰式を開催しました。表彰式には坂本内閣府特命担当大臣等が出席しました。
 この表彰は、「子供・若者を育成支援する活動」、「子育てと子育てを担う家族を支援する活動」及び「子供や若者が、地域や社会の輝く未来に向けて行った社会貢献活動」において顕著な功績があった企業・団体又は個人を顕彰し、子供・若者の健やかな成長に資することを目的とするもので、今年度は、内閣総理大臣表彰5件、内閣府特命担当大臣表彰20件が授与されました。
 表彰式で坂本大臣は、「新型コロナウィルスの感染拡大の影響等により、子供・若者を取り巻く環境において、閉塞感や孤立感などが生じやすい昨今の状況の中で、この度受賞される皆様の活動は、一筋の光となるものです」と挨拶し受賞者を讃えるとともに、受賞者代表の村宮汐莉さん(福井県立若狭高等学校3年)から返礼の挨拶を受けました。
 表彰式後、坂本大臣は、個々の受賞者及びその関係者と親しく記念撮影しました。