第16回子供の貧困対策に関する有識者会議

第16回子供の貧困対策に関する有識者会議で挨拶する坂本大臣

意見交換の様子

 令和2年9月28日、坂本大臣は、第16回子供の貧困対策に関する有識者会議に出席しました。
 会議では、子供の貧困の現状及び今後の子供の貧困対策の実施状況に関する報告が行われ、新型コロナウイルス感染症の拡大を踏まえた子供の貧困対策に資する主な施策について意見交換が行われました。
 坂本大臣は、子供の貧困対策について次のように述べました。
 「私の妻も子供食堂等に関わって地域活動をしておりますが、本当に困っている子供たちに手が届いているのだろうか、社会貢献という名の下で形骸化しているのではないのだろうか、上から目線になっているのではないだろうかと試行錯誤をして、子供食堂などの活動に関わっていると言っておりました。それだけ子供の貧困に対しては様々な課題があるのだろうというふうに思っております。」
 また、新型コロナ感染症を巡る情勢の下で、深刻な子供たちの貧困の問題が、新たに惹起していると考えていることに触れ、「御意見を基にしながら、さらに充実した子供たちへの対応策を講じていきたい」と述べました。