日本工学アカデミー提言申入れ

日本工学アカデミーの訪問者と記念撮影を行う井上大臣

 令和3年5月19日(水)、井上内閣府特命担当大臣(科学技術政策)は公益社団法人日本工学アカデミーから「博士後期課程大学院生に対する支援の強化にあたって」の緊急提言を受け取りました。
 日本工学アカデミーの小林会長(写真左から2人目)からは、我が国の研究基盤を支える博士課程学生への支援策を強化する必要性について要望が行われ、井上大臣は「引き続き今年度予算で措置した支援策を着実に進めるとともに、10兆円ファンドの創設による支援を行っていきたい。また、今後の博士課程学生のキャリアパスについても、産業界におけるさらなる活用をお願いしたい」と述べました。