デジタル・防災技術ワーキンググループ未来構想チーム(第4回)

会議(全景)

赤澤副大臣

 令和3年5月19日(水)、内閣府は「デジタル・防災技術ワーキンググループ 未来構想チーム」の第4回会議を開催しました。
 赤澤副大臣は、会議の場において、「我が国では「防災・減災、国土強靱化新時代」を迎えたと謳ってよい環境。「デジタル防災」については、菅政権の重要政策の大きな柱の一つとして「デジタル社会の実現」が掲げられ、本年9月にはデジタル庁が発足し、個人情報保護2000個問題の解消が決定し、「デジタル防災新時代」を迎えたと言える。」「遠い未来からバックキャストをして、電気・通信の強靭性を高め、デジタルを極限まで活用した真に先手を打つ災害対応と絶対的な行政機能の堅持が必要である。」旨、発言しました。その後、提言案は大筋了承され、最終的な文言の詳細は安宅座長一任となりました。