デジタル・防災技術ワーキンググループ社会実装チーム(第7回)

会議(全景)

赤澤副大臣(1)

赤澤副大臣(2)

 令和3年5月19日(水)、「デジタル・防災技術ワーキンググループ(社会実装チーム)」の第7回会議を開催しました。
 赤澤副大臣は、会議の場において、「我が国では「防災・減災、国土強靱化新時代」を迎えたと謳ってよい環境。また、デジタル改革関連法成立等で命を守る災害対応力の飛躍的向上が直ちに可能となり、救命・救助、災害関連死の防止を促進する「デジタル防災新時代」を迎えたと言える。」「防災デジタルを社会実装するためには、「目詰まり要因」を取り除き、防災デジタルプラットフォーム・防災IoTの構築や情報のデザインと蓄積、情報の分析と周知を進めていく必要がある。」旨の発言をしました。その後、提言案は大筋了承され、最終的な文言の詳細は喜連川座長一任となりました。