子育て関連施設の視察・「車座ふるさとトーク」への出席(千葉県流山市)

子供たちから絵を贈られた衛藤大臣

流山市長、たかさごスクールおおたかの森分園の皆さんとの記念撮影

市内の各保育園から降園した子供達が送迎バスで到着する様子を視察(送迎保育ステーション)

「車座ふるさとトーク」での意見交換

「車座ふるさとトーク」参加者との記念撮影

 衛藤内閣府特命担当大臣は、令和元年12月23日(月)千葉県流山市において、子育て関連施設(おおたかの森ファミリー・サポート・センター、CMSおおたかの森子育て支援センター、幼保連携型認定こども園たかさごスクールおおたかの森分園、おおたかの森駅前送迎保育ステーション)を視察した後、「車座ふるさとトーク」に出席し、子育て中の男性・女性と「子育てパパ・ママと語り合う」をテーマに意見交換を行いました。
 大臣は、意見交換終了後にぶら下がり取材を受け、視察・意見交換で得られた知見をいかして、少子化対策を更に進めていく決意を述べました。