つくば出張

JAXA筑波宇宙センターでロケットについて説明を受ける様子

JAXA筑波宇宙センターにて大西宇宙飛行士とのツーショット

NIMSにてリチウム空気電池の研究室を視察する平井大臣

JARIでみちびきによる測位状況のデモンストレーションを受ける様子

JARIでみちびきの高精度測位信号を活用した自動運転車に試乗する様子

HIRAI Pitch in つくばにてデモを受ける平井大臣

 平成31年1月16日(水)、平井内閣府特命担当大臣(宇宙政策・科学技術政策)は、茨城県つくば市において関係機関・施設の視察を行い、さらにHIRAI Pitch in つくばを開催しました。
 つくば市では3つの研究機関・施設をまわりました。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センターでは、人工衛星やロケット、国際宇宙ステーションにおける実験施設・運用管制設備等の視察を行いました。物質・材料研究機構(NIMS)では、若手研究者の優れた研究成果や研究所発ベンチャーの活動状況について説明を受け、橋本理事長とベンチャー支援策などについて意見交換を行い、従来のリチウム電池の数倍の蓄電が可能な「リチウム空気電池」の研究室を視察いたしました。日本自動車研究所(JARI)では、準天頂衛星システム「みちびき」の高精度測位信号を活用した自動運転車に試乗しました。
 HIRAI Pitch in つくばでは、研究所発の研究開発スタートアップ企業からPitchを受けました。人材流動化の促進、研究機関と企業との連携強化の必要性等について、意見交換をしました。