第3回統合イノベーション戦略推進会議

第3回統合イノベーション戦略推進会議の様子

 平成30年12月14日、総理大臣官邸において、第3回統合イノベーション戦略推進会議を開催しました。
 会議では、Society 5.0の実現加速のためのスマートシティの推進、今後イノベーションを進める上で重要な3つの分野(AI、バイオ、光・量子)について議論を行いました。
  菅官房長官から平井大臣に対して、片山地方創生担当大臣をはじめ、関係本部・省庁と連携し、「Society 5.0」を実現すべく、政府一体となったスマートシティの取組を開始することについて指示がありました。
 今後、イノベーションを進める上で重要な3つの分野については、関係大臣と連携し、戦略を示すこと、具体的には、(1)「AI」分野については、早急に戦略パッケージの骨子案をまとめ、次回の総合科学技術・イノベーション本会議で報告した上で、来年夏までに完成させること、(2)「バイオ」及び「光・量子」分野については有識者会議を設置し、早急に本格検討を開始すること、特に、「バイオ」分野については、来年夏までに新たな戦略を策定することについて指示がありました。
 平井大臣は、スマートシティについては、新たなタスクフォースを設置して各本部・省庁の取組を統合し連携し取り組んでいくこと、AI分野については、各レベルに応じたAI・数理・データサイエンスのリテラシーを向上させるとともにAI人材の質保証のための認定の仕組みを構築すること、バイオ分野については新戦略の検討を進めること、光・量子分野についても有識者会議による本格検討を開始する旨を述べました。