第177回日本学術会議総会への出席

総会で挨拶する平井大臣

総会の様子

 平成30年10月4日に開催された「第177回日本学術会議総会」に、平井内閣府特命担当大臣(科学技術政策)が出席しました。平井大臣は挨拶の中で、日本学術会議第24期が昨年10月にスタートしてからの1年間の活動として、山極会長が掲げる方針である「対話の重視」や日本の研究力向上のための産業界との連携強化に向けた取組みへの期待、また、本庶佑先生のノーベル生理学・医学賞受賞への祝意と共に若い研究者や技術者が基礎研究にモチベーションを持って取り組める環境の構築についても触れました。その上で、今後、日本学術会議が科学者コミュニティ、さらには社会全体の発展に貢献することへの期待を述べました。