子供の未来応援国民運動における学習教材の寄贈について

学習教材(目録)贈呈 (左から、全国子どもの貧困・教育支援団体協議会 青砥 恭 代表幹事、宮腰 光寛 内閣府特命担当大臣、株式会社Z会ソリューションズ 網野 聡一 代表取締役社長)

株式会社Z会ソリューションズにより贈呈される学習教材を見る宮腰大臣

 宮腰内閣府特命担当大臣は、平成31年3月25日(月)、株式会社Z会ソリューションズによる学習教材贈呈式に出席しました。
 内閣府と全国的なネットワークを有する団体とで構成するマッチングネットワーク推進協議会の仲介により、約5,000冊の学習教材が株式会社Z会ソリューションズから全国31か所の学習支援施設に寄贈されることとなりました。これを受けて贈呈式を開催し、網野 聡一 代表取締役社長(株式会社Z会ソリューションズ)と、青砥 恭 代表幹事(全国子どもの貧困・教育支援団体協議会)らとともに、学習支援施設に通う子供たちの現状や、今回の取組への意義や期待などについて意見交換を行いました。
 宮腰大臣からは「著名な企業が、子供に寄り添った支援をされることは、社会全体で国民運動を盛り上げるという観点からも、強力なメッセージとなると考えている。今回の事例をお手本として、政府と企業、民間団体が連携した支援がさらに多数生まれるよう、内閣府としても力を尽くしてまいりたい。」と述べました。