第4次少子化社会対策大綱策定のための検討会(第1回)

第4次少子化社会対策大綱策定のための検討会(第1回)で挨拶する宮腰大臣

意見交換の様子

 宮腰内閣府特命担当大臣は、平成31年3月4日(月)、第4次少子化社会対策大綱策定のための検討会(第1回)に出席しました。
 検討会では、少子化社会対策大綱の見直しに向けて、有識者からの発表や活発な意見交換が行われました。宮腰大臣からは、「少子化対策はその効果が表れるまでに長い時間を要することから、集中的な取組に加え、長期的展望に立って、粘り強く対策を進めていくことが求められる。引き続き委員の多様な専門性を活かした検討がなされ、付加価値の高い提言に結実することを期待する」旨の発言がありました。