一般財団法人日本民間公益活動連携機構の宮腰大臣表敬訪問

一般財団法人日本民間公益活動連携機構(代表理事 二宮雅也氏)と意見交換をする宮腰大臣

 宮腰内閣府特命担当大臣は、平成31年1月29日、休眠預金等活用法に基づき指定活用団体として指定された一般財団法人日本民間公益活動連携機構の表敬訪問を受け、今後の取組みなどについて意見交換を行いました。
 宮腰大臣は、休眠預金活用制度は、10年以上にわたり引出しや入金のない、休眠預金、つまり国民の貴重な資産を使って社会課題の解決を図る我が国で初めての取組みであること、オールジャパンでの取組みの推進や、中立性・公正性の観点から最もふさわしいと評価され今般の指定に至ったことを伝えました。また、機構の取組みが広範な社会課題の解決につながり、この制度が良いものであると国民に実感していただけるよう、指定の際に付した条件の実行とともに、しっかりと取り組んでいただくことをお願いしました。