NPO法人キッズドア「1655勉強cafe」の視察

キッズドア渡辺理事長、江戸川区長と宮腰大臣

キッズドア渡辺理事長、江戸川区長と意見交換をする宮腰大臣

学習支援の様子を視察する宮腰大臣

取材を受ける宮腰大臣

 宮腰内閣府特命担当大臣は、平成30年11月22日(木)、NPO法人キッズドアが運営する学習支援事業「1655勉強cafe」(東京都江戸川区)を視察しました。
 この事業は、江戸川区内の6施設で、それぞれ、週1回開催され、中高生が、無料で大学生等のボランティアの個別指導を受けたり、進路や将来のことを相談したりすることができるものです。
 はじめに、キッズドアの渡辺理事長や多田江戸川区長と意見交換を行い、子供の貧困対策の観点から見た、学習支援の重要性やNPOと行政との連携の重要性について伺いました。その後、学習している子供たちの様子を視察しました。
 宮腰大臣は、視察後に行われた会見において、きめ細かな支援が行われていることに感銘を受けると同時に、視察により得られたことを活かし、今後の子供の貧困対策に関する大綱に向け、しっかりと議論を進めていく旨、決意を述べました。