令和元年度「防災の日」総合防災訓練

首都直下地震を想定した徒歩参集訓練で総理大臣官邸へ向かう山本大臣

政府本部運営訓練で発言する山本大臣

九都県市合同防災訓練(千葉県船橋市)を視察する安倍総理大臣、山本大臣(左)、森田千葉県知事

 9月1日「防災の日」に官邸にて、安倍内閣総理大臣、山本防災担当大臣ほか閣僚の参加の下、首都直下地震を想定した政府本部運営訓練を実施しました。まず始めに、道路が地震により被害を受け、車両による参集ができない状況を想定し、閣僚の徒歩による官邸への参集訓練を実施しました。次に、参集した閣僚が参加し、第1回緊急災害対策本部会議の運営訓練を行いました。その中で、甚大な被害が想定される千葉県の森田知事とテレビ会議を実施し、現地の被害状況の報告や必要な支援の要請を受けるなど、連携を確認しました。
 その後、山本大臣は、ヘリコプターにより、千葉県船橋市で行われた九都県市合同防災訓練の会場へ移動し、警察、消防、自衛隊、医療チーム、市民等が参加した各種訓練を視察しました。