第39回中央防災会議

進行を務める山本防災担当大臣の様子

安倍内閣総理大臣のご発言の様子

 令和元年5月31日、令和最初の中央防災会議(会長:安倍内閣総理大臣)が開催され、山本防災担当大臣は進行を務めました。
 会議では、防災基本計画の修正、南海トラフ地震防災対策推進基本計画の変更及び令和元年度総合防災訓練大綱が決定されました。また、地震調査研究の推進についての意見聴取や、ISUTの本格運用に関する報告も行われました。
 会議の終わりには、中央防災会議会長である総理から、「7月に発災から一年を迎える平成30年7月豪雨や、北海道胆振東部地震など、昨年も大規模な災害が発生した。多くの犠牲の上に、得られた教訓を、その後の災害対策に十分に生かし、被害に遭う人を一人でも少なくしていくことが、私達の役割、使命である。各大臣にあっては、今後の梅雨・台風シーズンに備えて、緊張感をもって、万全の態勢で災害対応に臨んでいくようお願いしたい。」旨の御発言をいただきました。