「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム設立総会・キックオフイベント」挨拶

挨拶する梶山大臣

本プラットフォーム役員等との記念撮影の様子(※1)

 平成30年8月31日、梶山内閣府特命担当大臣(地方創生)は、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム設立総会・キックオフイベント」にて挨拶を行いました。
 本プラットフォームは、我が国におけるSDGs(※2)の国内実施の促進及びそれに資する「環境未来都市」構想(※3)を推進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、地方自治体・地域経済に新たな付加価値を生み出す企業・専門性をもったNGO・NPO・大学・研究機関など、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場として、内閣府が設置したものです。
 梶山大臣は、「多くの地方自治体、民間企業、学術機関、NPO等に御参加いただいている本プラットフォームの活動を通じ、地方創生の更なる実現に向けた官民連携プロジェクトが創出される等、パートナーシップの深化が図られることを期待します」と述べました。


※1=写真左から、田村 計 内閣府地方創生推進事務局長、村上 周三 幹事(一般財団法人建築環境・省エネルギー機構理事長)、北橋 健治 会長(北九州市長)、梶山 弘志 内閣府特命担当大臣(地方創生)、井上 隆 副会長代理(一般社団法人日本経済団体連合会常務理事)、蟹江 憲史 幹事(慶應義塾大学大学SFC研究所xSDG・ラボ 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)
※2=2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発のための目標(SDGs)」。
※3=21世紀における世界共通の環境や高齢化の課題解決に向けて、世界に比類ない成功事例を創出し、それらを国内外に普及展開することを通じて、需要拡大、雇用創出、国際課題解決力の強化を図ることを目指すもの。