第31回防災ポスターコンクール表彰式

冒頭で挨拶をする河野防災担当大臣

 1月22日(金)、河野防災担当大臣は、第31回防災ポスターコンクール表彰式に出席しました。
 河野防災担当大臣は冒頭、「災害からの被害を減らすためには、正しい知識を学んで、訓練を普段からやっていただくことによって「冷静に恐れながら正しく対処する」そのようなことが大事です。避難勧告が出ていなくても危ないなと思ったら、自分の判断で避難ができる。不発に終わるかもしれないけれども、危ないなと思ったら避難する。そういう「積極的」な行動が大事です。今日受賞される皆さん、本当におめでとうございます。どうぞこの事をいつまでも覚えていて、地域で災害があった時には、いろいろなことを考えて活動出来る、そのような人になって頂きたい。」旨、挨拶しました。

 ※詳しくは、第31回 防災ポスターコンクール審査結果と表彰式について(内閣府防災情報のページ)を御参照ください。