噴火時の避難計画の手引き作成委員会(第1回)

冒頭で挨拶をする河野防災担当大臣

 12月16日、河野防災担当大臣は、噴火時等の避難計画の手引き作成委員会(第1回)に出席しました。
 河野防災担当大臣は冒頭、「噴火時の対策として、自治体が『避難計画』を作り、集客施設等は『避難確保計画』を作る、二重の体制をとらなければならない。火山のある地域は温泉もあり、雄大な景色に恵まれ、住民だけでなく多くの観光客や登山者が訪れる。いざという時にどういう対策をするのか、避難をするのかについて、しっかり計画を作り、実践につなげることが大切。今回は、多様な分野の専門家を委員に迎え、それぞれの知見を活かした実践的なものを作成したい。まずは避難確保計画の手引きを作成してもらい、春には自治体向けの手引改正についてもご議論いただきたい。何かあった際に、万全の対策がとれるようしっかり準備を行いたい。」旨、挨拶しました。

 詳しくは、噴火時等の避難計画の手引き作成委員会(内閣府防災情報のページ)をご参照ください。