米原子力空母「ロナルド・レーガン」視察等

格納庫でボルト艦長から説明を受ける河野大臣

横須賀市長との意見交換の様子

 12月9日、河野防災担当大臣は、米海軍横須賀基地に停泊中の原子力空母「ロナルド・レーガン」及び周辺のモニタリングポストを視察しました。その後、横須賀市役所を訪問し、吉田市長と「原子力艦の原子力災害対策マニュアル」検証や市の災害対策の取組等について意見交換を行いました。今回の視察を踏まえ、「原子力災害対策マニュアル」の検証作業を進めてまいります。

 詳しくは、原子力艦の原子力災害対策マニュアル検証に係る作業委員会(内閣府防災情報のページ)をご参照ください。