原子力艦の原子力災害対策マニュアル検証に係る作業委員会(第1回)

委員会冒頭で挨拶をする河野防災担当大臣

 今回の委員会では、原子力艦の通報基準・緊急事態の判断基準について、事業用原子炉の基準に合わせることが妥当であるとされ、今後直ちにマニュアル改訂の手続きを進めていくこととなりました。
 詳しくは、原子力艦の原子力災害対策マニュアル検証に係る作業委員会(内閣府防災ホームページ)をご参照ください。