第13回日米科学技術協力合同高級委員会への出席

共同議長を務める山口大臣(左は下村文科大臣)

米国側議長:ホルドレン大統領補佐官

 山口科学技術政策担当大臣は、平成27年10月6日(火)、都内で開催された第13回日米科学技術協力合同高級委員会に、下村文部科学大臣とともに共同議長として出席しました。
 本委員会では、我が国から第5期科学技術基本計画の策定状況等について説明するとともに、米国側の議長であるホルドレン大統領補佐官から、オバマ政権下におけるイノベーション戦略の動向等について報告が行われました。また、両国における医療研究、データサイエンス、エネルギー、ハイパフォーマンス・コンピューティング分野の取組が紹介され、科学技術政策担当者とハイレベルな意見交換を行うとともに、今後の協力強化について確認されました。
 山口大臣は、最後に、本委員会において、日米協力が新たなステージを迎え、今後、日米の科学技術協力が一層進展することを期待する旨を述べました。