「子供の未来応援国民運動」発起人集会

冒頭挨拶をする有村大臣

安倍内閣総理大臣とともに発起人挨拶を聞く有村大臣

 平成27年4月2日(木)、総理大臣官邸において、「子供の未来応援国民運動」発起人集会を開催しました。発起人には、安倍総理をはじめとする関係閣僚、地方公共団体、経済界・労働組合、マスコミ、支援団体等、多くの方々・団体の参加をいただきました。
 冒頭、有村内閣府特命担当大臣から、「本日は、官民手を携え、さまざまな立場の方々が各地から結集し、子供の貧困の現実に目を向け、国を挙げて子供たちの未来を応援する決意を示す『第一歩』であります。」「『子供の未来応援国民運動』の趣旨と志に、会場の皆様をはじめ、多くの国民の方々に御賛同をいただき、力強い御協力を、お力を仰ぎたいと考えております。皆様、一緒にこの第一歩を歩んでまいりましょう。」と発言されました。
 また、安倍内閣総理大臣からは「子どもの貧困は、頑張れば報われるという真っ当な社会の根幹にかかわる問題です。子どもたちの未来が家庭の経済事情によって左右されることのないよう、社会をあげて取り組んでいきたいと思います。」さらに、「誰にでもチャンスのある活力に満ちた優しいそして明るい強い日本を創っていこうではありませんか。」と呼びかけました。
 
 その場で、今後の国民運動の事業を盛り込んだ「子供の未来応援国民運動趣意書」が採択されました。発起人集会の後半には、有村大臣、赤澤副大臣、越智大臣政務官等も出席し、子供への支援を行っている団体の方々から具体的な取組みを紹介していただきました。

 【関連リンク】
 子供の未来応援国民運動発起人集会について