福岡 隅田保育園視察・懇談

隅田保育園で園児の出迎えを受ける森大臣

隅田保育園で元気に遊ぶ子どもと触れ合う森大臣

高島市長、保育コンシェルジュと懇談する森大臣

高島市長、木林園長、隅田保育園の保育士のみなさんと森大臣

 平成26年4月19日(土)、森内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)は、同月1日現在で待機児童ゼロを達成した福岡県福岡市を訪れ、社会福祉法人「福笑会」運営 隅田保育園を視察し、高島福岡市長、木林園長、保育コンシェルジュの方々と意見交換及び現地視察を行いました。意見交換の場では、高島市長から、福岡市の待機児童対策の取組などについて説明を受け、保育コンシェルジュからは「保護者に幼稚園や保育園などの情報を提供することで、選択肢が広げられた」などの発言がありました。森大臣は「福岡市の待機児童ゼロは大きな意味がある。働く女性が輝けるよう取り組んでいく。」などと述べました。

※ 高島福岡市長の「高」は「はしごだか」