「国際女性の日」レセプションに出席

森大臣による挨拶

駐日女性大使の皆様、岸田外務大臣、野田聖子議員

 毎年3月8日は「国際女性の日」です。この日を記念して、3月6日、駐日コロンビア大使公邸において、「国際女性の日」レセプションが行われ、森大臣が出席しました。
 このレセプションには、森大臣の他、駐日女性大使や、各界で活躍する女性、そして、唯一の男性ゲストである岸田外務大臣が招かれました。
 冒頭の挨拶において、森大臣は、英語と日本語で、
   ・女性の活躍は、アベノミクスの成長戦略の中核として位置付けられた最重要課題である
   ・東日本大震災の教訓を踏まえ、男女共同参画の視点からの防災・復興についてまとめ、国内や世界に発信している
   ・自らの経験から、女性の進む道には、男性には見えない「ガラスの石ころ」が転がっており、これを一つ一つ取り除いていくのが自分の任務である
 と話し、全ての女性が輝く社会をつくるため、全力を尽くす決意を述べました。
 また、カルデナス・コロンビア大使から、日本の女性の活躍、男女共同参画の推進に、日本にいる16人の女性大使が協力していきたいとの提案をいただき、森大臣から連携・協力して取り組んでいきたいと述べました。