男女共同参画会議 監視専門調査会(第18回)

挨拶する森男女共同参画担当大臣と鹿嶋会長

 平成25年5月31日、「第18回男女共同参画会議 監視専門調査会」が開催されました。
 冒頭、森男女共同参画担当大臣から、同年4月26日の男女共同参画会議決定を踏まえ、「防災・復興のあらゆる場面における男女共同参画を進めるため、引き続き、政府の取組状況をフォローアップしていただきたい。また、来年夏に提出する女子差別撤廃委員会への報告の内容が意義あるものとなるよう、委員各位の豊富な知見を糾合して意見の取りまとめをお願いしたい」との挨拶がありました。
 専門調査会では、今後、女子差別撤廃委員会の最終見解における指摘事項への対応に関する進捗状況の監視を行うとともに、防災・復興ワーキング・グループを設置し、防災・復興における男女共同参画の推進に関する政府の施策の取組状況についてフォローアップを行うこととされました。