子育て同盟加盟県知事による表敬

表敬訪問の様子(1)

表敬訪問の様子(2)

表敬訪問の様子(3)

表敬訪問の様子(4)

表敬訪問の様子(5)

 平成25年4月9日、子育て同盟加盟県知事(宮城県、長野県、三重県、岡山県、広島県、鳥取県、徳島県、高知県、佐賀県、宮崎県)による表敬訪問がありました。「子育て同盟」は、地方自治の現場から真の「子育て支援策」を模索し、実践し、そして発信することを目的に、10県知事により結成され、今回は、子育てにがんばるお父さんやお母さんが、共に仕事と子育てを両立できる社会の実現に向けて、まず、森女性活力・子育て支援担当大臣と意見交換を行い、引き続き、首相官邸において安倍内閣総理大臣と意見交換を行いました。
 森女性活力・子育て支援担当大臣からは「少子化問題は待ったなしの課題です。女性の活躍を促進するためにも、女性が働きながら産み育てやすい社会を作っていく必要があります。地方が先取りしている取組もあるので、引き続き国と地方が協力して取り組んでいきましょう。」と挨拶がありました。
 その後、安倍内閣総理大臣からは「頑張っているお父さん、お母さんが、仕事をとるか、子育てをとるか、そういう選択をしなくていいような、そういう社会を作っていくために、お父さん、お母さんが努力して、子育てできるように、皆さんが率先して、休暇をとることが、地域の発展にも繋がりますので頑張ってください。」と挨拶がありました。