第25回「世界青年の船」事業 外国参加青年歓迎会

歓迎会で挨拶を行う森内閣府特命担当大臣

バーレーンの参加青年のナショナルリーダーと懇談をする森内閣府特命担当大臣

 森内閣府特命担当大臣は、1月24日(木)に、第25回「世界青年の船」事業の外国参加青年歓迎会に出席しました。森大臣は、「これから約30日間にわたり、日本各地や船内で、仲間たちと、率直かつ積極的に、世界の課題等について議論するとともに、お互いの国の歴史や文化を尊重し合いながら、プログラムの中で国境を越えた友情を育まれるとともに、次世代の担い手たる青年リーダーになられることを期待しております。」と歓迎の言葉を述べ、参加青年と懇談を行いました。
 第25回「世界青年の船」事業は、1月23日(水)から始まり、日本各地でのプログラムを行った後、2月4日(月)から2月22日(金)までの19日間、日本国内を運航します。その後、日本参加青年は、5つのディスカッションコースごとに分かれて、バーレーン、メキシコ、ニュージーランド、スリランカ、トルコをそれぞれ訪問し、3月1日(金)に帰国する予定です。