「防災の日」政府本部運営訓練

政府本部運営訓練に参加する安倍内閣総理大臣と古屋防災担当大臣

東京都知事とのテレビ会議の様子

 9月1日の「防災の日」に、「防災の日」総合防災訓練として、昨年11月に制定された、「首都直下地震対策特別措置法」や12月に発表された「首都直下地震の被害想定と対策について(最終報告)」を受け、首都直下地震を想定し、政府本部運営訓練を実施しました。
 首都直下地震が発生した場合、首都中枢機能の継続性の確保が課題となるため、政府本部運営訓練の中で、国と地方公共団体の連携訓練として、東京都知事とのテレビ会議を実施するとともに、各府省庁において、業務継続計画検証訓練として、職員の非常参集訓練や災害対策本部の設置・運営訓練を実施しました。