内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  野口英世アフリカ賞  >  最近のトピックス 2013年  >  【報道発表】第2回野口英世アフリカ賞受賞者の決定について

【報道発表】第2回野口英世アフリカ賞受賞記念講演会の開催について

平成25年5月27日
内閣府大臣官房
野口英世アフリカ賞担当室

6月4日(火)14:30より,第2回野口英世アフリカ賞受賞者による記念講演会を,国際連合大学(東京)にて開催します。
国際保健の第一線で活躍をする受賞者が,HIV/エイズをはじめとする感染症対策のこれからについて語ります。

  1. 第2回野口英世アフリカ賞受賞記念講演会の概要
    (1)日時:2013年6月4日(火) 14:30~16:30
    (2)会場:国際連合大学 ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)
    (3)主催:内閣府
    (4)共催:国連大学・日本学術会議
    (5)後援:外務省・文部科学省・厚生労働省
  2. 第2回野口英世アフリカ賞受賞者等について(プログラム・受賞者については別添の資料をご覧下さい。)
    (1)ピーター・ピオット博士(ベルギー)医学研究分野受賞者
          ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院学長
          題名:「国際保健の新旧の挑戦」
          原題:“Old and new challenges in global health”
    (2)アレックス・G・コウティーノ博士(ウガンダ)医療活動分野受賞者
    マケレレ大学感染症研究所所長
    題名:「研究室から村まで ― HIVの研究を何百万もの人々への医療保健サービスに役立てる」
    原題:“From the Laboratory to the Village - translating HIV science into services for the millions”
  3. 取材の登録方法とお問い合わせについて
    国連大学のホームページより取材の登録を行って下さい。
    取材に関するお問い合わせは、国連大学広報部へご連絡下さい。連絡先は以下の通りです。
    国連大学広報部 担当 牧  電話:03-5467-1298  メール:maki@unu.edu

    なお講演に関するお問い合わせについては、野口英世アフリカ賞担当室までご連絡下さい。

【参考】野口英世アフリカ賞について
野口英世アフリカ賞は、アフリカでの感染症等の疾病対策のための医学研究・医療活動の両分野において顕著な功績を挙げ、アフリカに住む人々の保健と福祉の向上に貢献した方々に授与されるものです(平成18年7月28日閣議決定)。日本政府は、第2回野口英世アフリカ賞をピーター・ピオット博士(医学研究分野)とアレックス・G・コウティーノ博士(医療活動分野受賞者)へ授与することを決定しました。
授賞式及び記念晩餐会は、平成25年6月1日から3日に横浜で開催される第5回アフリカ開発会議(TICAD Ⅴ)の初日(6月1日(土))に、アフリカ各国元首等の出席を得て開催予定です。


※ 受賞者については別添の資料(PDF:388KB)をご参照下さい。 

 〔本件連絡先〕
内閣府 大臣官房企画調整課野口英世アフリカ賞担当室
03-5501-1745

 

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)