内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  野口英世アフリカ賞  >  最近のトピックス 2013年  >  第2回野口英世アフリカ賞受賞者からのメッセージ

第2回野口英世アフリカ賞受賞者からのメッセージ授賞への喜びの声

医学研究分野:ピーター・ピオット博士(ベルギー国籍) ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院学長


 野口英世アフリカ賞の受賞者に選んでいただき、非常に光栄に思い、感謝しています。野口博士は医学研究の歴史において特別な地位を占めており、梅毒、黄熱病、レプトスピラ症、トラコーマ、そしてその他の感染症についての野口博士の研究の独自性は世界中で認められています。野口博士の研究室と現場での勇気と献身は、幾代にも渡り研究者達を鼓舞してきました。野口博士は国際人であり、色々な意味で今日、我々が国際保健と呼んでいる分野のパイオニアであります。私はアフリカで、研究室での科学と現地の人々に基づいた研究、政策、現場での生命を救おうとする活動に橋を架けようとしてきましたが、野口博士は私のアフリカでの感染症の研究にとってインスピレーションを与えてきてくれました。

 日本国政府は、野口博士の遺産を顕彰するだけでなく、我々が今現在直面している世界的な課題への共同のアプローチを促進するため、特にアフリカ開発会議やその横浜行動計画を通じて、日本のアフリカへの献身により、大変大きな展望を示しました。

 私個人の話になりますが、家族と、過去40年以上に渡り、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、日本、そして国連合同エイズ計画(UNAIDS)において、私を助け、導いてくれた沢山の世界中のすばらしい同僚たちに感謝したいと思います。

 私たちが力を合わせて感染症に対し成功を成し遂げている一方で、エイズ、結核、マラリアは、特にサハラ以南のアフリカにおいては、その制御からは程遠くなっています。新たな病原体は出現し続けています。私たちはこれからも長く地域的、世界的な努力を続けなくてはならないのです。

 

医療活動分野:アレックス・G・コウティーノ博士(ウガンダ国籍) マケレレ大学感染症研究所所長


  第2回野口英世アフリカ賞医療活動分野の受賞者に選ばれたというニュースを聞き、大きな喜びに圧倒されています。野口英世博士を顕彰する日本国政府と日本の皆様に認めていただいたことは、アフリカの医師として最大級に認めていただいたことを意味しています。
 野口博士の生涯は、世界で何度も何度も重ねて語り続けられるべきインスピレーションであり、私も語り続けていくと誓います。私はアフリカで主にHIV、結核、マラリアに焦点を当て、過去30年の間に医学と公衆衛生を実践してきました。そして今、この賞が、今までの全ての眠れぬ夜、苦しい日々を意義あるものに変えてくれました。
 HIVと共に生きる人々、私の恩師、同僚、私が光栄にもリーダーシップを取ってきたThe AIDS Support Organization(TASO)やマケレレ大学感染症研究所のような素晴らしい機関との協力関係や、信頼、支援無しでは、この賞を受賞する事は不可能だったでしょう。私はこれらのお世話になった全ての人に受賞について伝え、感謝し、敬意を表したいと思います。
  私は今、この受賞により野口博士の功績を讃え続け、アフリカの人々の一層の健康増進を目指すという義務を与えられました。そしてそのために絶えず働き続けることを誓います。 
 アフリカで野口博士のように職務を継承する私たちに希望を与えてくれると共に、日本の皆さんの偉大なる息子である野口博士の功績を讃え、先見の明を有する日本の皆さんとそのリーダーシップに感謝します。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)