渡辺内閣府特命担当大臣記者会見要旨 平成19年3月30日

(平成19年3月30日(金) 9:34~9:42  於:内閣府本府 522号室)

1.発言要旨

 おはようございます。
 本日の閣議は、私の方から報告することはございません。

2.質疑応答

(問)先ほど官邸で各省事務次官を集めての会議があったようですけれども、どういった目的で、どのような内容だったのか教えてください。
(答)これは閣僚の方から事務次官の話も聞いてほしいという御意見がありましたので、塩崎官房長官と私が出席をし、各省事務次官の皆さんに、まず官房長官の方から総理の発言、指示をどういうものであるかを説明し、その後、御意見を聞いたということでございます。詳しい話は私の方からは申し上げられませんので、官房長官に聞いてください。
(問)大臣の方からは冒頭にはどんな御説明とか、お話はあったんでしょうか。
(答)何も言いません。
(問)官房長官からのみ。
(答)はい。
(問)冒頭以外で、中では大臣も発言はされているんですか。
(答)しておりません。黙っております。
(問)基本的に説明役は長官が説明をされて。
(答)説明というよりも、安倍内閣の方針や法案の骨子等についてはもう既に各省に行っていますから、そういった中身の説明は不要でございます。したがって、きょうは主に各省事務次官の意見や提案、そういったものを聞くという場でございました。
(問)そういう意味では、特段きょうは何か合意したりとか、そういったことは。
(答)官房長官に聞いてください。
(問)確認ですけれども、総理の発言、指示について説明したというのは、これはこの間の諮問会議での発言という意味なんですか。
(答)そうですね。16日と27日でしたか、ちょっと日付は正確ではないかもしれませんが、その説明でございます。
(問)あと閣僚から次官にも話を聞いてくれというのは、これはきのうの閣僚懇談会で。
(答)それは以前からの話。
(問)きのうの閣僚懇談会でも出たんですか。
(答)閣僚懇談会の話は申し上げるわけにいきませんので。以前からございました。
(問)そういう意味で、先ほどおっしゃった骨子案等出されているということですけれども、その骨子案の内容、骨子案といいますか、この法案の内容等についてもいろいろと意見を聞いたということになるんでしょうか。
(答)詳しい話は申し上げませんけれども、骨子案を含めて安倍内閣の今回の国家公務員法の改革方針についての意見あるいは提言を聞いたということです。
(問)きょうは8時からおよそ1時間ということでよろしいですか。
(答)8時から8時55分ぐらいだったでしょうか。
(問)次官は全省庁の次官が出席したんですか。
(答)そうだと思いますが。次官会議のメンバーではないんでしょうか。
(問)骨子案についての意見や提案などがあったということなんですが、骨太の方針にも盛り込む予定になっています規制対象についても意見交換があったのですか。
(答)詳しい話は官房長官に聞いてください。
(問)先日来、事務次官等会議で政府の答弁書をめぐって異論があったということがあるんですけれども、きょうはそういったことも話題になったんでしょうか。
(答)官房長官会見もあると思いますので、そちらで聞いていただきたいと思います。
(問)細かい話で申しわけないんですけれども、この会議の名称は。
(答)名称は何なんですかね。公式の会議ではありませんので、名称まではよくわかっていません。
(問)大臣の現在のお持ちの印象として、役所側の抵抗というのはかなりおさまってきているという印象ですか。
(答)そういったことも含めて、私の方からはしゃべるなと言われておりますので。
(問)別に会議の内容とかではなくて、大臣の今のお持ちの印象はどうなのかなと思いまして。
(答)全体としてですか、きょうの次官会議ではなくて。
(問)全体として。
(答)全体としては、それはいつも申し上げるように、今までやってきたことを、相当思い切って変えてしまおうということですから、それはいろいろな意見もあるし、摩擦もあるし、反発もある、不満もある、不安もあるということなのではないでしょうか。
(問)そういう印象というのは、きょうもまだ余り変わらない。
(答)きょうの次官会議の感想とか印象は言うなと言われていますので申し上げません。
(問)きのうの閣僚懇談会については、基本的に今後、何か次にどういった場面でやるということは特段決まっていなかったように聞いておりますけれども、次官の会議も次、どういったタイミングでやるというのは何か考えはあるんでしょうか。
(答)それも官房長官に聞いてください。
(問)中川幹事長が次官会議で異論が出たことに関連して、総理がそういう次官会議を要らないと言ったというような話を紹介していたようなんですけれども、それについては、事務次官会議要らないという話について、大臣はどう思いますか。
(答)それは次官会議というのは、私、出席しているわけではないので、見てきたようなことを言うのも何ですから、コメントは差し控えさせていただきます。
(問)会議の話は置いておきますけれども、今後のことで、有識者懇談会なんですけれども、4月にも立ち上げたいというふうに大臣はおっしゃっていましたが、今のところ、どのぐらいに設置するお考えでいらっしゃるんでしょうか。メンバー等人選についてはどう。
(答)これも今、政府部内で鋭意検討中でございますから、微妙な時期なんでコメントしない方がいいでしょう。
(問)法案の提出以前に立ち上げるという可能性はあるんですか。
(答)それも含めて検討中です。
(問)有識者懇談会は大臣のもとに置かれるんですか。それとも官房長官のもとに置かれるんでしょうか。
(答)それも今、鋭意検討中です。

(以上)

内閣府 Cabinet Office, Governmentof Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)